釧路市で体の歪みやコリをソフトな施術で解消する整体院。

整体院トポス


脊柱管狭窄症

背骨の椎骨の真ん中には穴が空いており、その脊柱管の中には神経が通っています。この脊柱管が狭くなって神経が圧迫され、痛みやしびれが起こる状態を脊柱管狭窄症といいます。kyousaku.jpgのサムネイル画像
生まれつき脊柱管が狭い人もいますが、多くは加齢や身体の歪みにより腰椎や椎間板が変形したり、脊柱管まわりの靭帯が厚くなったりして、少しづつ狭くなっていきます。
主に腰やお尻から膝裏、足先にかけて痛みやしびれが起こります。長時間腰を真っ直ぐにして立っていたり、仰向けに寝たりすると痛みやしびれ起こることもあり、また、休み休みでないと長い距離を歩けない間欠性跛行が起こることもあります。
これは、腰を伸ばしたり反らしたりすると脊柱管の後方がより狭くなり神経の圧迫が強くなり、逆に丸くすると脊柱管の後方の部位の圧迫が緩むからとされています。

117819.jpgある研究では腰痛を訴えない人の80%以上の人が、脊柱管や椎間板に変性が発見されています。この腰痛を訴える人と、腰痛を訴えない人の差はなんなのでしょうか?

神経根を圧迫しても痛みは誘発されません!
脊髄神経根を圧迫すると、知覚障害や感覚鈍麻は誘発されるが痛みは誘発されないのです。

ではなぜ痛みやしびれを訴える方がいるのでしょうか?

その原因は筋肉の硬化です。腰周りの筋肉が硬化し血流の不良が痛みを発生します。
その筋肉を硬化させる大きな原因が自分の足に合わない靴にあるともも言われています。
その合わない靴により、第4足趾が圧迫されることで向う脛から太腿の脇からお尻の横までに痛みやしびれが起きるのです。

ですから、身体の歪みを調整し筋肉が緊張しにくい姿勢を維持させ、脊柱管に必要な栄養、脳脊髄液の循環を良くし、下肢から腰臀部の腱や筋肉を緩め血行を良くすることが改善に繋がります。

整体院トポスのご案内

住      所:
〒085-0813
北海道釧路市春採4丁目27-1
アクセス:
くしろバス53番晴海線
興津町下車 徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0154-65-9811
営業時間:
10:00~19:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ