釧路市で体の歪みやコリをソフトな施術で解消する整体院。

整体院トポス


五十肩・四十肩

五十肩・四十肩は、正式には「肩関節周囲炎」といいます。最近では20代や30代の方でも五十肩の症状を訴える方もいますので、三十肩という言い方も出てくるのでは?

kata2.jpg五十肩は、肩から二の腕にかけて痛みやしびれが起き、腕を上下に動かしたり、背中に腕をまわしたりすることができなくなります。肩関節は肩甲骨と上腕骨をつないでおり、そこには多くの筋肉や腱が付着して肩を自由に動かしているのですが、長い年月腕を使い続けていると筋肉や腱が疲労し、血行が悪くなり硬化することで痛み発生してきます。ですから今までは老化病の一つとして考えられておりました。

五十肩で注意しなければならないのが、肩腱板の断裂です。この腱板の損傷や断裂の症状は五十肩の症状と似ているので自分勝手に判断をせず、一度医療機関での検査を受けることをお勧めいたします。

五十肩は、強い痛みや腫れ、発熱などが起こる急性期と炎症が治まったあと肩がこわばって腕が上がらないほどの拘縮が起こる慢性期があります。

痛みが強い時(急性期)は、痛みを出さない状態をキープして、炎症部分を氷水で短時間冷やすことを繰り返します。その後、4~5日くらいからは痛みを強く出さないような体操をして、肩周りを動かし硬化しないようにします。慢性期の場合は、肩を温め、痛みを強く出さないような体操をできるだけ行い、肩の可動域を上げていきましょう。

五十肩の改善には、肩周りや首周りを調整することはもちろん、腕の調整がとても必要になります。前肩になっている方は腕の内旋が強く、肘から手首までの筋肉は硬化していますのでそこの筋肉を緩めることがとても重要になります。また、前肩の方は胸が硬くなっておりますので大胸筋を緩めることが必要です。

五十肩はどのくらいの期間で改善するかは、その方の症状や生活習慣により違います。早い方は数カ月で、中には数年かかる方もいます。そのうち治るだろうと放置してて硬化が進み改善が遅れるケースもあります。できるだけ早めに治療することをお勧めいたします。

整体院トポスのご案内

住      所:
〒085-0813
北海道釧路市春採4丁目27-1
アクセス:
くしろバス53番晴海線
興津町下車 徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
0154-65-9811
営業時間:
10:00~19:00
休業日:
日曜日・祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ